樹木の状態を健康的に維持するために必要な剪定

芝生の基礎知識

芝生というものについて

芝生とは芝が密生して生えていて、まるで絨毯のような状態になっている事を言います。住宅の庭や運動場等で見る事が出来ます。 芝は自然に育ったものではなく、人間が手間ひまをかけて育て上げるものです。イネ科の多年草を1種類、もしくは数種類組み合わせて育てます。充分な水やりや適度な刈り込み等の管理をして、地表面を隙間なく覆うように仕上げます。 上記のように手をかけて育てた芝生を、必要に応じて植えて作るのが芝生です。具体的には正方形等にカットした芝を、敷き詰めていくという方法をとります。敷き詰め方も様々で、全体を覆ってしまうスタイル以外にも、レンガのように交互にずらして敷き詰める方法や、市松模様に敷き詰める方法等があります。

具体的な手入れ方法等について

芝生は作るのに手間ひまがかかりますが、手入れにも手間がかかります。きちんと手入れを行なわないと、あっという間に枯れて変色したりするので、くれぐれも注意が必要です。 芝生の手入れのポイントの一つ目として、充分な水やりを行なう事があります。芝の成長にとって水分は、無くてはならない大切なものです。そのため、芝が乾燥しないように、日々の水やりを忘れない事が重要です。 二つ目のポイントとして、適度な刈り込みも大切です。芝は成長が早い植物としても有名です。そのため、定期的に刈り込みを行なわないと、雑草のようになってしまうので注意が必要です。 それ以外にも雑草の除去や、病気や害虫への対策も大切になります。そのため、もし自分では管理が難しいと思ったら、造園業者等の専門業者に手入れを依頼するのも、一つの方法だと言えます。